2010年 08月 03日

Alessandro Nutini展

b0080173_2213225.jpgミホプロジェクトにて楽しみにしていた
アレッサンドロの展覧会オープニングへ。
彼の絵と出会ったのは3年前、桂での個展を
見に行ったことがきっかけだった。
とても心にのこる個展で、
その後奥様といろいろお話をさせていただき、
昨年はイタリアのお家に遊びに行かせていただいた。
トスカーナらしいぶどう畑やオリーブの丘を眺める
珠玉のテラスでのあたたかな手料理とワイン、
そして尽きない制作の話であっという間に更けていった夜、
なんと豊かで楽しかったことだろう。
私たち夫婦にとって、尊敬する友人夫妻である。

ここのところ、
言葉がかたちを結ばぬなかで、
アレの絵は静かに内に向かわせてくれた。
薄暗い町家の空間に並ぶサラミや肉の塊は
不思議に日本の家によく似合い、
生々しさはなく、しずかで
網に巻かれたサラミはそのものから放たれ
僧侶の塔のようにも見えた。
どの絵も素敵で、ジュンとゆっくり迷って
風景を描いた一点の絵をいただくことにした。
ワイン蔵のような古びた美しいアトリエで
アレが向かうまっすぐな姿勢が
瞼に浮かぶような絵。
ずっと見ていたくなる絵。

展覧会は15日までです。是非おでかけください。
[PR]

by ai-pittura | 2010-08-03 23:08 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/13703204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 小休止      Gen >>