ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 28日

Gen

b0080173_18383212.jpgGen
●会期:2010年7月21日(水)-8月1日(日)
●会場:京都造形芸術大学 GALLERY RAKU
●開館時間:11時00分~19時00分【最終日は17時00分まで】 / 会期中無休

●出展作家:菅原健彦(京都造形芸術大学 日本画コース教授)、
後藤吉晃(京都造形芸術大学大学院 修了生)、
夛山裕子(京都造形芸術大学 卒業生)、前田和子(京都造形芸術大学 大学院生)
●関連企画:ギャラリートーク I、オープニングパーティー
7月21日(水)16:30~ トークゲスト:立島 惠(佐藤美術館 学芸員)
ギャラリートーク II
7月29日(木)16:30~ トークゲスト:忠田 愛(画家)








お知らせが間際になってしまいました。
現在開催中のGenにて29日16時半よりトークショーに呼んでいただいています。

師の菅原先生、そして後輩の3人、皆熱き作家です。
10m前後の大作が並んでいます。
是非ご高覧下さい。






●展覧会概要:物事の起源を追求する ただ本能の趣くままに

 京都造形芸術大学・日本画コースの教授である菅原健彦と、同コース出身作家 後藤吉晃、夛山祐子、前田和子による4人展です。
 文章中にある「物事」は出展作家が共通してもつ制作テーマでもあります。
彼らの作品には、「物事」を始まりとし、その起源を追求していこうとする過程、意思が
表現されています。そのようにしてできた作品は、現存する「絵画」様式に囚われることなく、
自由に制作されたものであり、個々に確立された世界が表現されています。
同じく上記「起源」の「源」から展覧会タイトル『Gen』(げん)を取っています

 風景、時空を追求し、「龍」を描くことに至った菅原健彦。
ブロック塀の孔を通して見る風景と、自身のイメージとの「交錯」を画面上で表現する事を追求する後藤吉晃。
「山」という存在に、大蛇のような迫力や包み込まれる穏やかさを感じつつもそれに対し全力で立ち向かい、
その先に見えるものの追求を試みる夛山祐子。
すべての物の中に静かに流れ、躍動する「何か」を表現する前田和子。
彼らの持つさまざまな「物事」に対して追求する過程でうまれた作品を通し、
彼らがこれからどのような「源」を掴んでいくのか、その可能性を感じていただけましたら幸いです。

 
[PR]

by ai-pittura | 2010-07-28 18:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/13667036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Alessandro Nutini展      アーティクル8月号 >>