2008年 12月 11日

千光士誠展『残酷』

b0080173_959525.jpgGALLERY wks.の千光士誠展(〜13日)を見に行ってきた。
前回、1月にされていたneutronでの個展を見て知り合った。
すごくパンチのある個展で、怒号のような作品群だった。
だからってドロドロしてるだけじゃない。
見終わったあとは何かが吹き抜けたようなスカッとした気持ちになった。
本人もまた、骨太で爆風みたいな人間だ。
今回の個展『残酷』は前の個展とはまた違う印象を受けた。
勢いや強さは変わらないが、ひりつくようなものを感じた。
案内状だけ見た時は、残酷という思い切ったことばまでの距離を感じた部分もあったが
絵に囲まれた時の感触の中には、剝き出しに咲く小さな花を見たときのような
残酷さがあったのだ。
何かをここまでさらし、投げ捨てられる人というのは少ない。保身なんてのは微塵もない。
また、ここのGALLERY wks.が面白い。誰かのお宅訪問するような立地でわくわくする。
マンションの最上階にあって、目が眩む高さだが思わず下をのぞいてしまう。
そんな渡り廊下を進んだ一番奥に熱のこもった空間が広がる。


千光士誠ホームページはコチラ
[PR]

by ai-pittura | 2008-12-11 10:55 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/10017011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jamarte at 2008-12-12 22:25 x
大変ご無沙汰しております。いつもブログ拝見しています。
なかなか力強い作品ですね。
Neutronでの個展行かれずに実に残念でした。
また次回の機会を楽しみに。

Commented by ai-pittura at 2008-12-12 22:52
jamarteさん こちらこそご無沙汰しております。
ありがとうございます。
千光士さんの作品、力強いですよ。
私の絵、jamarteさんやAleさんにいつか見ていただける日を
楽しみにしています!


<< 愛しきアンコウ      千松信也さん >>