「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 07月 23日

大詰め

b0080173_13430783.jpg

あっという間に一ヶ月が過ぎ、梅雨明けとともに蝉時雨。
画集製作は大きな山場を越え、あとは2度目の色校正や細かい修正と表紙デザインを残すのみ。
はじめて、本番用の本紙に本機で刷っていただいたカラーページを手にした時の嬉しかったこと!
これまでの記録を、手にとることのできる形にしていただけるありがたさをかみしめています。

さて来週中には表紙デザインの決定。
これが最後の大事な仕事だけれど、本当に難しい。
文字の配置や色、画像のトリミングが少し変わるだけで印象が変化するので、
どこまで納得できるものに近づけるか、
客観性を大切にあと一踏ん張りです。



[PR]

# by ai-pittura | 2016-07-23 13:56 | 画集 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 24日

Alessandro Nutini個展

b0080173_20282932.jpg

Alessandro Nutini個展

トスカーナ 景 太古の幻影

会期:6/30(木)-7/10(日)
〒102-0094東京都千代田区紀尾井町4-1ホテルニューオータニロビー階
Tel/Fax 03-3239-0845

開廊時間:11:00-19:00 
会期中無休・作家在廊


好きな作家であり、いつも豊かなひとときを共に過ごさせていただく友人家族でもある
アレッサンドロの東京での個展です。
是非たくさんの方にご覧いただけますよう、関東方面の皆様どうぞよろしくお願い致します。




[PR]

# by ai-pittura | 2016-06-24 20:39 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 24日

なつやさい

b0080173_19300132.jpg

梅雨でむくみ、重くなった身体には、弾けんばかりの夏野菜のお力拝借。
かるべけいこさんの野菜料理の本を求める。
とてもシンプルで野菜本来の味にそっと心を添えるお料理。
調味料の分量も書いておらず、それぞれの体調や想像力にまかせている。
そこがとても好きになりました。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-06-24 19:38 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 19日

Peony

b0080173_12521890.jpg

今年はなぜだか、庭の芍薬が花芽をつけず、淋しく思っていると
義母から思いがけず芍薬のプレゼント。
蕾も、すこし開きかけた表情も、満開も、枯れゆく様子も
それぞれにうつくしく、何時間でも何日でも見飽きることがなかった。
ここ数年、毎年スケッチするとても好きな花。
6月の初旬は芍薬の前でたくさんの時間を過ごす。


[PR]

# by ai-pittura | 2016-06-19 12:56 | | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 19日

ポートレート

b0080173_12282295.jpg

5月下旬のよく晴れた日、敬愛するカメラマンがポートレートを撮影してくださった。
いつごろからなのか、撮られるということに対して(特にカメラのレンズを見ることや、
カメラのレンズが巨大であったりすると)恥ずかしいようなこそばゆいような気持ちになってしまう。
人の眼だとじーと見ていられるのに不思議だなあ。
絵よりも自分自身が前に出るということに、どこかしら違和感を感じるせいもあると思う。

けれど、今回自分の絵に囲まれ、いつものように作業のしやすい服に袖を通し、筆とパネルをもつと、
心はすーっと普段の場所へ落ちついた。
そして、どんどん枚数を重ねてくださる間にほどよく緊張もとけて。

カメラというのはとても存在感のあるものだけれど、
鋭さもありながらやわらかな空気のようになる山口卓也さんという撮り手だからこその
ポートレートを撮っていただくことができたのだなあ、と。
こんな方に撮っていただけたことがとても幸せでした。
ほんとうにありがとうございました。

この中からどれか1枚を画集に選びます。


[PR]

# by ai-pittura | 2016-06-19 12:50 | 画集 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 24日

世界一おいしいフライドポテト

b0080173_19374182.jpg

東京、
もうすっかり我が家のようにあたたかく、なつかしく、いとしい船のおうち。
りかさんがフライドポテトを揚げてくださる。
オリーブオイルの跳ねるリズミカルな音とともに部屋に満ちていくハーブの香りに
思わず台所をのぞきにゆく。
いづみさんはこどものような顔で動画を撮っていた。わかる、その気持ち!

b0080173_19375576.jpg

ハーブはローズマリーとタイムとセージ。
じゃがいもはお爺さんみたいに皺くちゃであるほどいいんだそう。
りかさんが空からぱらりぱらりと大粒の塩を降って、
あつあつのポテトにはふはふ言いながら顔を見合わせる。

それはまるで 乾いた大地と緑で編んだトスカーナの丘がゆっくりと身体を通り過ぎていくようで。


[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-24 19:51 | 風景 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 24日

小山剛展

b0080173_18373397.png

もうひとつ、最近心にのこった展覧会を。

同世代の木工の友人、小山剛くんの個展ー木から始まるなにかー。
小山くんの木工からは雨の音がきこえる。
枝先で羽根をやすめる鳥や
うろの中でそっと一生を終えるちいさな虫がみえるような気がして。

緑豊かで、心地よい空気が流れるippo plusの空間と調和した
素敵な展覧会、よいものを見せていただきました。
わたしも、がんばるぞ。


-開催日-5/14(土)15(日)16(月)
5/21(土)22(日)23日(月)
5/28(土)29(日)

作家在廊日:5/14(土)15(日)
-時間-11:00- 18:00

565-0874 大阪府吹田市古江台1-7-4
www.ippo-plus.net
mail: info@ippo-plus.net

会期は残すところあとわずか。今週末のみです。



[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-24 18:53 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 24日

巡礼展

b0080173_17560944.jpg

この写真は10watts f&gさんのページよりお借りしました。



横浜、10 watts field & galleryの巡礼展へ。

しんしんと静謐な祈りに満ちた空間。

ひとりひとりの作家の響きは、
しずかなオーケストラのように
時に重なり、紡がれながら
ゆっくりと天に向かっていくような場。

わたしが、わたしのまんなかへ ゆっくりかえっていくような
そんな場所。

心にふかく余韻ののこる展覧会。
ほんとうに行くことができてよかった。

巡礼展はあと1週間で終わり。
是非、是非、最後までたくさんの方にご覧いただきたい珠玉の展覧会です。



創りだすことの
思考を張り巡らせることの
巡礼のような
それはまだ 旅の途中


場所.  10watts field & gallery
日時.  2016/4/29(金) → 5/30(月) 12:00 - 19:00
定休.  火曜 . 水曜日

[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-24 18:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 19日

レイアウト

b0080173_14520041.jpg


とても気持ちのよい日々、
画集のレイアウトを考える時間をたっぷりととる。
これから画廊の大橋さんやニューカラー印刷の担当Yさん、デザイナーさんと
何度も修正、変更を重ねながらレイアウトを組んでいく。
絵の大きさ、隣りのページの作品との位置関係、余白の大きさ、文字の大きさ、フォント、
少し変わるだけで印象はずいぶん異なるものになる。
心にすとんとくるか、感覚をたよりに
画集製作はいよいよ佳境に。

b0080173_14522015.jpg

庭に出て作業をしていると、必ずやってきて邪魔をするお方。
[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-19 14:57 | 画集 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 10日

紫陽花のゆりかご

b0080173_14111621.jpg

雨の日。じゅんが庭から私を呼ぶ声。
視線の先には、ところどころ雲母のように白くかがやくやわらかな貝殻を背負った
小指の爪ほどの赤ちゃんかたつむり。
まだ角の出し方もたどたどしくっていじらしい。

上の階の葉っぱの天井裏には
イガイガの卵やまあるい卵がいくつもついている。
紫陽花のゆりかごマンションはもうすぐベビーラッシュ。



[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-10 14:25 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 03日

レタス

b0080173_21592587.jpg

魔王の森のように、黒々と葉を茂らせたレタスはお隣さんの畑から。
[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-03 22:00 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 03日

新玉葱

b0080173_21571948.jpg

高垣先生の畑からいただいた、朝日のようにうつくしい玉葱。
[PR]

# by ai-pittura | 2016-05-03 21:58 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 30日

撮影とページ割

b0080173_21260062.jpg

画集でお世話になるニューカラー印刷さんのスタジオで、大作やお客様からお借りした絵の再撮影と打ち合わせ。
ページ割を再調整し、ペーパーのサンプルなどを見せていただきながら表紙イメージも膨らませてゆく。
フォントサイズや画集紙面の実寸サンプルを手にすると、一気に実感が湧いてきて興奮する。
ほんとうにありがたく、幸せな時間。



[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-30 21:37 | 画集 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 22日

HAMACHI

b0080173_22464381.jpg
[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-22 22:47 | たがねとめめとみん | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 22日

蛙のお月見

b0080173_22255346.jpg

見上げると夜空にまんまる満月。
田んぼのお水にもまんまる満月。
天までとどきそうな蛙の合唱につつまれて。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-22 22:39 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 18日

drawing-2009

b0080173_22354971.jpg

"チェリーの来た庭" 2009年



b0080173_22364020.jpg

薄紙に鉛筆、ガッシュ、水彩で。
幼き日の自画像。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-18 22:37 | | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 18日

work-2009

b0080173_22081310.jpg

"食卓の恒星" 2009年 サムホール


画集制作にむけて、今までに描いた絵の写真データを整理していると
懐かしい絵たちに再会できました。
アーティーチョークの蕾。
イタリアではカルチョーフィーでお馴染み、味はさながら幾何学的なすがたもうつくしく。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-18 22:20 | | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 18日

第4回京宵展

b0080173_17391818.jpg 


第4回京宵展のお知らせ


会期: 2016年4月30日(土)〜5月2日(月)
10:00 ~ 17:00
会場: 京都美術倶楽部

〒605-0064 京都市東山区新門前通東大路西入梅本町263
TEL:075-551-1146
京都美術倶楽部|KYOTO ART CLUB:地図


京都でグループ展に参加させていただきます。
新作を1点出品いたします。
それぞれの出品作品は入札にてお求めいただくこともできます。
お近くにお越しの機会がありましたら是非お立ち寄りくださいませ。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-18 18:27 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 15日

木の芽

b0080173_20124188.jpg


3年前に植えた山椒がとうとう背丈を越すほどになった。
今月に入ってから、毎朝目を見張るほどに
ひゅんひゅん新しい芽を吹くその姿に、存在に秘められた生命の強さを思う。

今しか食べられない、鮮烈で清々しい新たな生命の芽。

感謝をこめて。


b0080173_20430770.jpgb0080173_20431768.jpg

[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-15 20:44 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 15日

自然

b0080173_19301157.jpg


仰木の桜、今年は大雨や大風で満開になって散るまでがはやかったなあ。
名残を惜しみながら最後のお花見。

熊本で大地震。
体に刻まれた地震のおそろしさが蘇る。
4年半前に個展をさせていただいた懐かしい町。
ニュースを見ながら胸の中の道をたどる。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-15 19:48 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 11日

桜の浜で

b0080173_18044619.jpg


仰木に住んで五回目の春を迎えるけれど、すぐ近くにこんな場所があったなんて。
堅田のふるい集落の入り組んだ道を進み、長くのびた猫一ぴきぶんほどの細い路地を抜けたところに
ぽっかりとあらわれる小さな桜の公園。
階段を降りるとすこし切れ込んだ湖の入江にひっそりと並ぶ満開の桜並木。

休日の琵琶湖にはたくさんの舟が浮かんでいる。
大津港のほうに向かっていくヨットの群れ、しじみ漁や小鮎漁の舟、お花見をしている自家用クルーザー。
ちいさな突堤で釣りを楽しむ人たち、
湖におちた小さな子ども靴を高枝切りばさみでたぐりよせるおじいさん。

空と湖が春霞色の薄灰にとけて、
永遠につづいていくような時間のなかで、ひさしぶりに会う友達とのしあわせな宴でした。
次はwちゃんもね。


b0080173_18233081.jpg


[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-11 18:24 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 11日

「 巡礼 」展のお知らせ

b0080173_17385271.jpg



「 巡礼 」 

創りだすことの

思考を張り巡らせることの

巡礼のような

それはまだ 旅の途中


場所: 10watts field & gallery

日時: 2016/4/29(金) → 5/30(月)

12:00 - 19:00

定休日:  火曜 . 水曜日(G.W中無休)

●news

●map

〒231-0027 神奈川県横浜市中区扇町3-8-7 三平ビル301号室
10watts field & gallery
phone : 0452731944
web : http://chiku-ni.com
mail : 10watts@chiku-ni.com
2016.04.29 Open


出展者

稲富淳輔  (陶)

谷藤貴志 (写真)

本田 (蒐集物)

den  タジマキシコ (縫紙)

宮武史郎 (彫像)

chikuni (製作物 / 蒐集物)

morison kobayashi ・ 高里千世  (彫像 / 画)

菓子屋 ここのつ  (茶教室)

ARAKI Shin. (巡礼音楽会)

齊藤功 (巡礼音楽会)

早川幸子 (巡礼音楽会)



谷藤貴志  & アラサワフミカ (photo / DM)


詳しくはコチラのページにて


稲富淳輔が参加させていただく、横浜での展覧会のお知らせです。
お誘いをいただいた時からとても楽しみにしていた展覧会です。
是非、たくさんの方に足をお運びいただけましたら・・!



[PR]

# by ai-pittura | 2016-04-11 17:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 28日

画集

来年の春、画集を発行していただくこととなりました。
身に余るありがたいお話で、いまだ恐縮しているのですが、
実現に向け、舵を切ってくださったギャラリー歩歩琳堂の大橋さんや
携わってくださる皆様に本当に感謝です。
年始に少し書いていた新しいプロジェクトとはこのことで、
いよいよ画集づくりの打ち合わせがはじまっています。


b0080173_15394047.jpg



まずはここ11年の作品データを整理し、画集に載せる作品の選定。
そして、データサイズや画質をチェックしていただき、今はページ割を考えているところ。
来月からはいよいよ一部の作品の再撮影、そして本格的にレイアウトが始まります。
ご所蔵いただきました絵をお借りする皆様、ご協力本当にありがとうございます。

改めてこれまでの作品資料をじっくりと眺め、ふりかえっていると
ものの捉え方や色の使い方など、その時の感覚やいろんな変化を改めて感じることができ、新鮮な思いでいます。
画集のイメージはすーっと頭のなかに浮かんでいるので、
それをかたちにできるよう、これからじっくりと草案を重ねていきます。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-03-28 16:09 | 画集 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 26日

春の小川

b0080173_18454547.jpg


b0080173_18455867.jpg


天気のよい(しかし湖岸から強く吹く風はまだ冷たい)日、つくしの様子を見に出かける。
小川には小魚の群れがたくさん泳いでいて、
”春の小川”の唱歌みたいな風景が、まだそこにあることが心から嬉しい。
それにしてもつくしのフォルムの愛らしいこと。
規則正しく並んだ穂先の六角形に眼を見張り、隙間から飛んでゆく緑の胞子にほおーっと感嘆する。

川べりにはつくしの他に芹、たんぽぽ、タネツケ花によく太った野蒜まで。
春は野草のごちそうが大共演。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-03-26 18:56 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 06日

会いにゆく

うちの風呂場の脱衣場(屋外)によく寝泊まりしていたノラたちを
友人が新しい家族として迎えてくれ、はや一ヶ月。
マロ(推定約8ヶ月♂:写真左)とチー(推定約2歳♀、マロの母親:写真右)と名付けられた、
懐かしい顔ぶれに会いにゆく。

マロは天然でぼんやりしていた仔猫時代は一体どこへ・・と眼を疑うほど
激しく部屋を駆け回り、宙を舞い、チーのごはんを奪いとり、散々暴れたあげく
電池が切れたようにこてんと眠った。
それにしてもマロの食に対する飽くなき闘志のすごさよ。

チーは以前と変わらず、哲学者のように思慮深く外を見る時間を愛し、
マロのご乱心ぶりに一歩身を引きつつも、慈母のようなやさしい眼差しを注いでいた。
チーの佇まいの密やかなうつくしさは、いつもしずかに胸を打つ。

ある種、対照的なほどの二匹だけれど、それぞれにたっぷりと愛情を注がれ、
すっかり落ちついて暮らしている様子に、心から安心して帰路についた一日。

b0080173_16380505.jpg
[PR]

# by ai-pittura | 2016-03-06 17:11 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 02日

ギャラリーZ

b0080173_17252307.jpg


高島屋オンラインストア内の美術サイト、ギャラリーZにてご紹介いただいております。
よろしければどうぞご覧ください。

・・・・・・ギャラリーZ

[PR]

# by ai-pittura | 2016-03-02 17:33 | | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 26日

グループ展のお知らせ@滋賀・galleryサラ

b0080173_17545961.jpg



企画展 「桃風笑春」

3月12日(土)~4月3(日) 
営業時間 : am11:00 〜 pm5:00
定休日 : 火・水曜日

滋賀・北比良 gallery サラ


毎年恒例、ギャラリーサラでのグループ展のご案内です。
いつも春のはじめに開かれる展覧会、ご案内をさせていただく時期になると
ああ、いよいよ春が来るのだなあと嬉しくなります。
稲富淳輔、忠田愛共に出品させていただきます。
お近くにお越しの折は是非お立ち寄りください。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-02-26 18:05 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 18日

ありがとうございました

b0080173_20255661.jpg


撮影 稲富淳輔


プラグマタでの稲富淳輔個展も、たくさんの方にご来場いただき、
無事閉幕いたしました。
おかげさまで多くのご縁にも恵まれ、感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございました。

次回の稲富淳輔個展は11月にまた東京で、
4月には横浜でグループ展も控えております。

また新たな制作のはじまりです。

b0080173_20261443.jpg


撮影 山口卓也


b0080173_20264611.jpg


撮影 山口卓也



[PR]

# by ai-pittura | 2016-02-18 20:34 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 12日

御礼

b0080173_20114161.jpg


撮影 山口卓也


ギャラリー枝香庵でのkyo to kyo展の会期が無事終わりました。
今回、上京が叶いませんでしたが、画廊の荒井さんやお越し下さった方からの
ご感想やあたたかいメッセージに、大きな勇気と励ましを頂きました。
また一歩一歩、新たな気持ちで進んでゆきたいと思います。

寒いなか、足をお運びくださった皆様、この度ご縁いただきました皆様に
心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


忠田 愛



[PR]

# by ai-pittura | 2016-02-12 20:28 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 12日

あと2日

b0080173_19511464.jpg



b0080173_19513055.jpg





八丁堀、プラグマタでの稲富淳輔個展も残り2日となりました。
週末はとてもあたたかくなる様子、春の足音とともに是非ギャラリーへお越しください!
13,14日主人が在廊しております。

[PR]

# by ai-pittura | 2016-02-12 19:58 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)